只見線敷設の歴史

山深い地になぜ鉄道が走ったのか、只見線が全線開通する昭和40年代までの只見町・奥会津・魚沼の歴史が描かれています。著者は何度も足を運びSL撮影ガイドも出版しています。只見川と共に変化してきた奥会津の歴史はもちろん、政治の力や日本の経済成長を支えた奥会津の底力を知ることが出来る1冊です。

著者/編集:一城 楓汰
単行本:201ページ
出版社:彩風社 (2014/02)
言語:日本語
発売日:2014/02
梱包サイズ:19 x 12.4 x 2.2 cm

¥3,000 (税込)

在庫3個

商品コード: 2121114726001 商品カテゴリー: 商品タグ: ,

説明

山深い地になぜ鉄道が走ったのか、只見線が全線開通する昭和40年代までの只見町・奥会津・魚沼の歴史が描かれています。著者は何度も足を運びSL撮影ガイドも出版しています。只見川と共に変化してきた奥会津の歴史はもちろん、政治の力や日本の経済成長を支えた奥会津の底力を知ることが出来る1冊です。

レビュー

レビューはまだありません。

“只見線敷設の歴史” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です